2020/04/24

韓国カジノこの時期にオープン!株価上昇の理由は?

#0041 韓国カジノこの時期にオープン!株価上昇の理由は?


韓国政府の社会的距離を置こうという呼びかけが強まり、3月24日には一斉に全てのカジノが休業となりました。

外国人専用カジノを運営するパラダイスは4月20日にひっそりと再開させました。https://bit.ly/3eIzEhu 22 MT

もう一つの外国人専用カジノ、グランドコリアレジャーは5月6日まで休業としています。

韓国人も入場可能な江原ランドは5月4日に営業を再開するとしています。江原ランドは2月23日から休業しています。

関連企業を含め、第一四半期は業績不振となる見込みですが、この一ヶ月では再開への期待感からか、株価は上昇に転じているようです。https://bit.ly/3eJXjy2 韓国経済 20

これは戒厳令解除後の中長期的な見通しが明るくなるのではという予測からと考えられます。

専門家は、アジア地域の競合であるシンガポールやフィリピン、マカオよりも先に営業が再開され、中国人の入国が許可されるようになると考えられることや、

最近の中韓関係の改善によって、禁韓令が解除されるのではないかという期待が高まっていることが影響しているとしています。

第2四半期は入国制限や航空機運航問題、感染症対策の影響で業績が振るわないが、第3四半期以降は伸びを見せるだろうという見方からということです。

中国人VIPや日本人VIPなど大口の顧客を呼び込むことで、大きな弾みにできるという見込みのようです。

一方韓国人も入場出来る江原ランドの回復はこれより早いとも予測しているようです。

パラダイスが先んじて営業を再開したのは、政府の宣言が解除される前から十分な対策を行って営業することで、安全性をアピールする狙いがあると思われます。

編集所感


わたしはギャンブルというのはやらないようにしているのですが、この中毒性というのは十分に理解できます。

やはり一攫千金が得られたときの快感というのはたまらないものがあるのでしょう。別にギャンブルでなくても嬉しい瞬間というのは本当に不思議な気持ちになるものです。

日本でも開店しているパチンコ屋によその地域から人が訪れますが、パチンコというゲームを楽しみたいというのではなく、やはり勝利の快感と現金が手に入るという喜びが相まって、足が向いてしまうのだと思います。

わたしもお金は欲しいですし、そういうゲーム感覚で稼げるとなると嬉しくてたまらないと思います。

当然現金がかかっているので、負ければとてつもなく悔しいですし、それで止められなくなるでしょうし、突然の逆転で大金を手にすれば、いわゆる中毒になってしまうかと思います。

わたしの場合は圧倒的にそういったギャンブルの勝負に弱いこともあって、ハマってしまうということはありません。不幸中の幸いというか・・・。

あと、もう一つ別の側面として、非日常的なゾクゾク感というのがあるのかと思います。

某製紙会社の会長が数十億円を失ったのも、元々は数億円の勝負をするという非日常的な緊張を味わう楽しさから来たのだと思います。

力士の野球賭博も問題となりましたが、ああいう職業的に勝負の世界にいる人たちも、また別の特別な緊張感を味わいたいというのがあったのだと思います。

バドミントン選手も・・・。

勝負感を養うと言えばきれいすぎる言葉だとは思いますが、その脳の異常な状態というのが、他のものに変えがたい快感を与えているのだと思います。

勝ったり負けたり。その騰落がまた余計に人の心に火を付けるのでしょう。

そういうこともあって、記事にあるとおり韓国カジノの回復は早いと思います。そういった人が国内外にたくさんいるようですから。

カジノでお金を稼ぎたい、あの緊張感を味わいたいという人がどっと押し寄せると思われます。

当然感染リスクは増えるわけですけれども、それは入場制限をするなどすれば良い話でしょう。

実際カジノの売上のほとんどはVIPと呼ばれる大口の人たちが派手に散財することで成り立っているでしょうから。一般プレイヤーはあまり関係ないのだと思います。

過剰に大きなリゾート施設。ホテルですとか周辺の関連施設。こちらは少し時間がかかるとは思われますが、感染の再拡大がなければ徐々に回復するのでしょう。

でも密室のVIPルームでどうやって感染防止を行うのか。まあマスク着用義務とか換気なんですかね。

韓国の徹底した追跡方法ですと、接触者はすべて洗い出して検査するわけですから、相当数の接触者が出るなど混乱が起こる可能性がありますね。

またVIPのプライバシーをどうやって守るのか。何時にどこに行ったかが全て公開される韓国でひとたびVIP感染者が出ると、敬遠される一因となるかもしれません。

そこの線引きをどうするのかは注目です。

海外から人が来れば遅かれ早かれ感染者は出るでしょうから。その時の徹底対応がどういった水位で行われるのかに注目したいですね。

思い切ってレジャー施設全体を休業にすれば、来場者の二の足を踏むことになるかと思いますが、日本のパチンコ店の状況を見れば、それでも行くんだろうなと思います。

韓国政府としては方針は変えないでしょうから、感染者が出れば徹底的な拡大防止策をとるのだと思います。

カジノが発端となって再拡大したら世界中から白い目で見られそうですが、それでも経済回復へのシナリオとしては、リスクを負ってでも再開するしかないということのようです。

巨大な関連レジャー施設への影響や、韓国人も行ける江原ランドの場合は周辺の商店への影響も非常に大きいですから、やるしかないんでしょう。

そしてきっと韓国なりのやり方でリスクを抑えていくのだと思います。

国内向けの再開は5月4日。

そして航空便の再開もそのくらいになって、海外から実際に人が入ってくるのはもう少し後かもしれませんが、中国から人がわっと来るようになれば、色々とリスクは高まると思います。

お〆め


(ゆ)カジノは行ってみたいですか?

(し)嫌です。嫌いです。行きたくないです。

(ゆ)あらら。どうして?

(し)わたしはギャンブルが好きではないです。

(ゆ)じゃあ全く興味なし?

(し)ないですね。

(ゆ)早速話の腰をボキボキッと折られてしまいました。さてどうしよう。

(し)わたしはああいう煌びやかな世界がそもそも好きじゃないんですよ。好きなのはカントリー調です。

(ゆ)ああ、田舎ののんびりとした生活が好きっていうことですね?

(し)違います。田舎は嫌いです。

(ゆ)えっ?

(し)カントリー調っていうのは田舎のことではなくて、カントリー調のカーテンとか家具とかそういうものが好きってことです。

(ゆ)あーっと。

(し)便利な都会の中で、建物とかお部屋がそういうのだったら落ち着くしかわいいなと思いません?

(ゆ)あのー、これ一体何の話ですか?

(し)カントリー調です。

(ゆ)違う!カジノの話をしてるはずなんですけど!!

(し)嫌いです。行きたくないです。

(ゆ)ここに戻るのか。

さておいて、以前こことはまったく別の取材でカジノ関連の調査をしていたんですよ。

そこで北海道の方。北海道はいわゆるIR。統合レジャー施設。これはカジノを含むという意味ですけど。

IRの誘致に力を入れていたわけで、色々と話を伺っていたんです。

(し)北海道もカジノを作りたいんですか?

(ゆ)もう1年以上前だと思うので今はどれほどかは分かりませんが。

居酒屋で話をしていたんですけど、隣に座っていたおじいさんがセガサミーの里見会長と知り合いらしくて。

(し)セガサミーって聞いたことあります。セガはゲーム会社ですよね?

(ゆ)パチンコ台などを作っていたサミーがセガを買収したので今はセガサミーです。もう20年くらい前ですよ。

(し)ああ、そういう風になっていたんですか・・・。ブランド名と会社は一緒ではないんですね。

(ゆ)里見会長が野球が好きで、全国の社会人野球の何かを色々と一緒にやっている仲間だそうなのですが、カジノにまつわる話をたくさん伺いました。

(し)偶然ですね。セガサミーはカジノをやっているんですか?

(ゆ)韓国の仁川空港近くにあるパラダイスシティーはセガサミーと韓国のパラダイスの合弁会社が運営しているので、そういう意味ではカジノ業の経験があるんですよ。

フィリピンでも会社を作って運営しているということで、日本でもどこかしらの県に誘致して運営したいだとか意欲的だったはずですね。ちょっとうろ覚えですみません。

(し)在日の方なんですか?韓国と関係があるということは。

(ゆ)そのおじいさん曰く、両親かもっと上の世代かは韓国系だという話でしたが、不確かなので、まあそういう感じと言うことで。

(し)よく分からないけどそっち側とは少なからず関係があるということですね?

(ゆ)そんなところで。まあカジノはあれこれ言われますが、ギャンブルはお金を環流させる力は強いというのも事実ですね。

地方自治体ではその収益の一部で公共事業を回しているくらいですから。競馬や競艇なんかも一応は役に立っているんです。

それでもかなりイメージは悪いですけどね。どことは言いませんが、昔2人で競馬場に行ったじゃないですか。やっぱり好きになれないですね。

(し)わたしもです。もっときれいで洗練された感じかと思っていましたけど、それはCMの中の世界でした。

(ゆ)でもやっぱり好きな人がいて、勝ったり負けたりしながら延々とお金を投じ続けるわけですよ。このご時世でも。経済の動力ではあるわけなんです。

(し)その輪の中には入りたくないですね。ただそれだけです。

(ゆ)何だかカジノの話になっちゃっていますね。

(し)これでいいんじゃないですか?韓国でカジノが再開してもわたしには全く関係ないですし。

(ゆ)それを言ったら元も子もないんだけど・・・。

そして・・・


(ゆ)昨日は平日のおやすみだったそうですけど、どうでした?

(し)お散歩して買い物して、だらっとしてました。

(ゆ)まあそうなりますよね。

(し)そういえば某スーパーに買い物に行ったんですけど、納豆が一家族一つまででした。

(ゆ)今そんなんなんだ。某スーパーは朝の30分で売り切れますよ。やすいものだけですけど。

(し)なんで制限するんですかね?

(ゆ)夕方しか買い物出来ない人でも買えるようにじゃないですか?でも一家族一つまでだと4人家族は一人分足りないですね。

(し)そこは向かいにもスーパーがあるので、そっちで買ってってことなんでしょうかね?

(ゆ)よそに行けということですか。納豆が買えないと人が来なくなるのかな?

(し)昨日は買い物中に急いで対応してって連絡があったんですけど、電話を持ってなかったのですぐに連絡が取れなくて・・・。

(ゆ)え?スマートフォンは持ってなかったの?

(し)持ってましたけど会社の携帯を使わないと通話料もったいないから。

(ゆ)あ、そう。そこは細かいのね。

(し)どっちにしろPCがないとすぐに対応できなかったのでまあいいかと思って。

(ゆ)じゃあしばらく放置?

(し)取りあえず返信して2時間後くらいに連絡しました。

(ゆ)そんなに買い物してたの?

(し)お散歩です。それで帰ってきてお風呂に入って髪を乾かして。

(ゆ)随分後回しにしたんですね。大丈夫でした?

(し)すぐ対応出来なかった時点でもうダメだったので。多分問題なかったと思います。

(ゆ)のんびり対応ですね。

(し)お休みなんで。

(ゆ)なるほどね。