2020/09/11

日本もTikTokなど中国製アプリやシステム禁止へ!米国トランプ政権の呼びかけに呼応


#0109 日本もTikTokなど中国製アプリやシステム禁止へ!米国トランプ政権の呼びかけに呼応


今回の3行まとめ!

  1. 日本でもTikTokなど中国アプリ禁止へ
  2. 米国の呼びかけに即座に呼応
  3. 米国議会では公務員の使用禁止法案成立

NHKの報道によると

アメリカのトランプ政権が通信事業分野での中国企業の活動を包括的に制限する方針への同調を同盟国に呼びかけたことに関連し、菅官房長官は、通信インフラの安全性確保は個人情報などを保護する観点から、国際的な動向も見据え対応していく考えを示しました。

(参考)NHK 2020/08/06

これは、米国トランプ政権がTikTokなどの中国製アプリの禁止や、アリババなどが運営するクラウド事業を制限するなどといった方針を発表し、これに応じたものです。

米国はTikTokの運営企業バイトダンスが中国企業であることから、中国国内法に基づいて中国政府にユーザデータを引き渡す可能性を懸念しています。

(参考)Forbes 2020/08/06

TikTokはこれまで、あるいはこれからも中国政府にデータを引き渡す可能性があるためです。

米国では連邦公務員がTikTokの使用を禁止する法案が上院で満場一致で通過しました。

この法案は国会議員を含む米国政府の職員が政府が配布したデバイスでTikTokをダウンロードすることを禁止するものです。

国務省、国土安全保障省、国防省、運輸保安局では既に実施されているものですが、これが法的に拡大されるということです。

中国外務省の広報担当官は米国のこうした動きには証拠がないと反論しています。

また、米国の誤ったアプローチが行われた場合は国家安全保障を理由に、米国企業に対しても同様の措置を講じることができると報復を示唆しています。


編集所感

今回の概要!

  1. ネットと国家の情報収集
  2. 中国政府の情報収集への歩み
  3. 主体性のない日本

個人のデータが企業や国家によって不当に集められていたというのは今や周知の事実ではありますが、一般の人々はこれについて特別な関心を持っていません。

一昔前はMicrosoftやGoogle、Appleなどもほぼユーザに同意なくデータを収集していました。

ここ数年でそれが問題視され、今や何かしらの同意を求めるようになっています。

初期設定では収集不可能になっていたり、設定のどこかしらに収集を停止させる選択がひっそり隠されていたりします。

Appleはいち早くプライバシー保護を前面に押し出したという印象を受けました。

TVCMまで打ちましたから。誰も内容を気にしていないですけど。

いずれにせよスノーデンの暴露によって、米国政府自体が膨大な情報を収集していることが明らかになりました。

日本政府も情報を収集し、米国に秘密裏に提供していることが判明しています。

テロに関する情報をということですが、その判別を誰かが明確にしているわけではないので、ほぼそのまま流れています。

一方で米国からテロに関する情報を交換条件として提供を受けることができるようです。

まあこれをどう見るかですけど。

スノーデンの暴露は中国に衝撃を与えたと言われています。通信機器を使って情報を収集する方法があるのかと。

これを受けて、中国も通信機器を利用した情報収集を開始したのではという憶測が流れています。実質的な証拠はまだありません。

ニュースで触れられているとおり、中国政府は必要に応じて中国企業が有する情報を取得できることになっています。

これは中国に言わせれば安全保障上の脅威があった場合なのでしょうが、明確な基準がなく、中国政府が必要とすればいつでも情報にアクセスできることを意味します。

要するに中国にサーバがあるものは中国政府が情報を全て握っていると考えられるわけです。

飛躍した考えだと指摘する方もいるかと思いますが、わたしはこれに関しては飛躍とは思いませんね。

通信機器による情報収集も、米国がやっている以上、中国もやるでしょう。

いずれにせよ、普通にネットを使っていればありとあらゆる情報が国家によって収集されているという事です。

どのアプリがどの国で作られ、サーバがどこにあるかを知るにはひと手間がかかりますし、気にしない人がほとんどでしょう。

会議アプリZoomが中国に情報を送っていると報じられて問題となりましたが、それでも使い続けていた人や企業は多くあったでしょう。

または中国企業が作ったゲームシステム上で、個人的な情報をダラダラと話している人もいるでしょう。

これは個人同士の一対一の会話でもシステムを経由すれば中国に向かって話しているのも同然です。でも誰も意識していません。

とはいってもWeChatを使わなければ中国にいる駐在員と連絡が取れないですし、いずれにせよ中国国内は厳しく監視された状態ですよね。

それにしても日本政府の主体性のない対応に苦言を呈したいですね。

もっとも中国への配慮があって率先した対応を取らないということなのでしょうが、米国に言われたら行動に移すというのは明確な対比と上下関係を感じますね。

中国とも良い関係を保ちたいということから対応を取らず、米国に言われたから仕方なくを強調してしぶしぶやったように中国にはアピール。

一方で安全保障を米国に頼っている以上、米国の方針に従わざるを得ず、中国との関係から率先して対応することも自ら深く調査することもしない。

日本人としてはこうした点を指摘せざるを得ないですよね。

単純な反中国、安倍政権賞賛、米国追従で騒ぐ前に、日本は根本的な問題を解決する必要があるということを、国民が意識して欲しいです。

ネットで見られる反射的な反中嫌韓日米賞賛なんて何の役にも立ちません。

お〆め


(し)今日はあっちっちでしたね。

(ゆ)外?

(し)違いますよ。ゆるりんですよ。熱がこもってました。

(ゆ)ああ、そりゃあ専門分野ですから。

(し)ですよね。ちょっといっちゃってる系でしたっけ?

(ゆ)そうですね。一般人から見たらかなりいっちゃってる系だと思いますね。

(し)中国アプリは恐いんですか?わたし仕事上WeChatは入っていますけど。

(ゆ)正直なところ、米国のいうことは一理あるんですよ。中国政府は自国企業から自由に情報提供を受けることができるし、機器を通じて情報を収集できる。

機器については今のところ疑いにすぎませんが、何かしらの方法で行おうとしているという推測は飛躍ではないでしょう。

米国政府は企業から提供を受けることはできないですが、別の方法で情報を収集していると言われています。

(し)じゃあアメリカにも個人情報がってことですか?

(ゆ)周知の事実ですがなぜか無視されることが多いですね。それか米国様なので良いと考えているのか。

(し)わたしは中国に行くならアメリカの方がいいと思いますけど。

(ゆ)そういう考えが最終的に日米関係において日本を不利にさせているんですけどね。安保も経済も。
何かそういう、中国や韓国に負けるのは許されないけど米国なら仕方ないという考え方が気に食わないです。

(し)今日恐っ!何かありました?

(ゆ)別に。ちょっと今のこういう風潮が気に入らないだけ。
その、米国とはあくまで反中というか、打倒中国共産党のために連携が必要とは思います。

ただ米国のこうした牙のむき方はかつて日本にもやったわけで、それを手放しで賞賛する風潮にはちょっと相容れないですね。

(し)ああ、前に聞きましたけど、昭和の時代に日本をいじめたっていうことですよね?

(ゆ)そうです。結局今も密やかに続いていますけどね。やはり安全保障に強い結びつきがある以上、逃れられない鎖なのかなと思います。

(し)うーん、よくわからないですけど。

(ゆ)米国との結束が強い分、自由度がないということですよ。日本も意外と不自由な国なんです。

(し)そんなこと言って大丈夫ですか?

(ゆ)さあね。大丈夫じゃないかも。
ただ、日本が米国について行かざるを得ないのは、安全保障において自立できないというのが極めて大きいんですよ。

そこを突破しようという動きがほんの僅かしか見られないというのが残念でなりませんね。

(し)自主防衛っていうことですか?

(ゆ)まあ、それは非現実的ではありますが、それを目指して日米同盟の中で日本の自立性、主体性をもっと発揮できるように変えなければ状況は変わらないんですよ。

(し)何も目指してないってことですか?

(ゆ)そうできない仕組みが作られて変わっていないということですけれども。
ちょっとセキュリティーに話を戻します。最近の報道ではインドや英国は中国から報復攻撃を受けているようです。


(し)えっと、国境と香港の問題でですか?

(ゆ)そうです。中国のAPTと呼ばれるグループによるものと見られていますね。日本も今回の件で同様に攻撃を受ける可能性が高まったので注意が必要です。


(し)どうすればいいですか?

(ゆ)今回明らかになっている手口は文書の偽装なので、添付ファイルはとにかく注意ですね。それっぽいタイトルでも開く時は慎重にならなければいけないです。

(し)添付ファイル恐怖症になりますね。こういう時はウイルスチェックソフトですか?

(ゆ)ああいうのを通過するようテストしてるから役に立たないですよ。あと、仮想環境での動作確認もすり抜けるので、サンドボックスでの確認も役に立たないです。

(し)サンドボックス?砂場ですか?

(ゆ)危険性を確かめるために、偽の閉じられた環境で動かすんですよ。そうすれば何か起きても被害が外に及ばないという仕組みのものです。

(し)役に立たないってどういうことですか?

(ゆ)仮想環境だと判別したら、悪意のあるプログラムは動作しないんです。そうやってテストをすり抜けて、通常の環境で開かれたら動作するという仕組みです。

(し)賢いんですね。悪い人たちも。

(ゆ)そう。だからアンチウイルスソフトで防げるのは雑魚なウイルスだけなんです。本物は全部すり抜けるのでほぼ意味がないんです。保険程度です。

(し)ええっ、なんかアンチウイルスソフトを入れてたら安心感がありますけど。

(ゆ)安心感だけですよ。個々の企業ももっとセキュリティー意識を高めないと、中国や北朝鮮、ロシアなんかにいじめられます。

(し)何だか真夏の怪談話になってきましたね。

(ゆ)それ茶化してる?

(し)茶化してませんけど。

(ゆ)何か変な方向に行った気がしたけど・・・。

(し)あの、わたしの本気のコメントです。

(ゆ)それがか。ナチュラルでむしろ恐い・・・。

そして・・・


(ゆ)あの、しらゆきさん。

(し)はい!なんですか?

(ゆ)あの、朝起きたばかりなのに眉毛があるっていう写真とメッセージは送らなくていいです。いや、送らないで下さい。

(し)ああ、眉ティントの感動を伝えようと思って。

(ゆ)あの、前回のおまけを観ていない方に解説しておきますと、

(し)眉ティントとは、眉毛に塗ってしばらく放っておいて剥がすと、色が付くという画期的なアイテムです。

(ゆ)説明ありがとう。いらないから。わたし眉毛あるから必要ないし。

(し)だからこの感動が分からないと思ってわたしの感動を共有してあげようと思ったんですよ。

(ゆ)伝わってないから。むしろゴミメッセージですよ、朝っぱらから。

(し)セキュリティーチェックです。

(ゆ)訳わからないこと言わない。

(し)でもほっこりするでしょ?わたしからメッセージ届くと。

(ゆ)眉毛の写真見てほっこりする人いないから。そもそも眉毛ない時がどんなのか分からないから違いも分からないし。

(し)見たことあるでしょ?眉なしのわたし。

(ゆ)見たことあるけどそんなにないっけ?

(し)眉毛薄くてそのままでは人に見られたくないんですよ。

(ゆ)そうだっけ?そんなに気にならないけど。
それかぶー顔を見慣れているからか、不細工顔しててもよくわからないんだと思う。

(し)ぶー顔ってなんですか!!

(ゆ)それですよそれ。
写真撮って送ろうか?

(し)いらない!撮らないで!!かわいくない写真は存在価値ないです。

(ゆ)別の意味でかわいいけどね(笑)

(し)かわいくない!

(ゆ)実はしらゆきさんの変顔写真いくつかあるんですよ。海鮮丼を頬張るしらゆきさんとか。

(し)それいつの?見せて!それか消して!

(ゆ)あ、撮ったけどどこにあるか分からない。今度探して送ってあげる。

(し)いらないから消して!送ってこないで!

(ゆ)セキュリティーチェックだよ。

(し)意味わかんない。

(ゆ)でしょ?