2021/05/24

中国の逆鱗に堂々と触れた日本!台湾に日の丸掲揚?日米首脳会談の評価と今後の課題!

 #0215 中国の逆鱗に堂々と触れた日本!台湾に日の丸掲揚?日米首脳会談の評価と今後の課題!



(ゆ)中国への対応で注目された日米首脳会談では、中国の敏感な部分、人権問題だけでなく、台湾という逆鱗にまで触れ、中国への対決姿勢を鮮明にしました。
一方で台湾の大使館に当たる交流協会に日の丸を掲揚したという報道は正しくないことが分かりました。

今回の3行まとめ!

  1. 中国の逆鱗に触れた日米首脳会談
  2. 中国の強烈な反発
  3. 台湾は日米の関与を歓迎

(し)米国で日米首脳会談が行われ、日本の菅首相と米国のバイデン大統領はそろって記者会見に臨みました。

バイデン大統領は「われわれは自由で開かれたインド太平洋を守るため、中国からの挑戦、東シナ海や南シナ海、それに北朝鮮といった問題にともに取り組むことを約束した」と話しました。

(参考)NHK 2021/04/17

管首相は「台湾や新疆ウイグル自治区をめぐる状況について議論した」と中国の逆鱗に触れる議題を取り上げたことを明らかにしました。

(参考)NHK 2021/04/17

特に台湾について日米首脳会談の共同声明で触れたのは1969年以来約50年ぶりとのことです。

これに対して中国外交部は「台湾と釣魚島はどちらも中国の領土だ。香港関連および新疆ウイグル自治区関連の問題は純粋に中国の内政問題」と反論しました。


また「中国の内政を著しく妨害し、国際関係の基本的規範に深刻な違反をした」

中国はこれに強く不満を持っており、これに強く反対しており、外交ルートを通じて日米に厳粛な立場を表明している」としています。

日本や米国の中国大使館も声明を発表し、首脳会談の共同声明を批判しています。



一方で台湾総統府からは、台湾海峡の平和と安定の重要性を強調したのは3月の日米安全保障協議以来2度目とし、日米両政府が台湾海峡の平和と安定を重要視していることを歓迎し、感謝と認識を表明するとともに、このことがインド太平洋地域の平和と安定に積極的に貢献するものと信じています」と述べています。


編集所感

今回の概要!

  1. 共同声明後に日本に必要なこと
  2. 自主防衛度を高めよう!
  3. 日本の姿勢を明確に見せる!

(ゆ)報道については皆さんご存知かと思いますが、今回の日本の立場について、今後どのように中国や米国と関係を持っていくべきか考えていきます。


日本が米国と中国という2つの大国に挟まれていることは言うまでもありません。安全保障上は米国に強く依存し、経済面では両国に強く依存しています。

近年では中国との貿易額が増大、米国を追い越して、経済面では中国を無視したり軽視することは難しくなりました。

一方米国との貿易関係は常に波乱に満ちてきたわけで、良好というわけではありません。これからも厳しい競争を繰り広げていくこととなります。

安全保障面では、特に海洋への進出を広げる中国に対して牽制を行ってきましたが、尖閣諸島を考えればいかに不十分かが分かります。

とはいえ米軍が平時に積極的に関与するということはなく、基本的に日本は自国で領海と領土を守らなければなりません。

現在はそれができているとは言えない状況で、政治的な判断、決断が必要になります。

今回は台湾に言及したことが特に注目されていますが、日本近海や東南アジアにおける中国の姿勢への批判も多く含まれています。

この共同声明を受けて、日米同盟の深化だけではなく、国内でも具体的な行動が求められることでしょう。

中国は日本に対してバランス感覚のある対応を求めていますが、両天秤が少しでも米国に傾けばこのように注文してきます。

特に最近は米中間の緊張が高まっていることもあり、過敏になっています。当然ウイグル問題は中国の逆鱗です。

中国に一切の配慮をせずこうした問題に堂々と踏み込んだことは高く評価します。しかしこれからの具体的な行動が伴わなければ意味がありません。

日米同盟は安全保障面において極めて重要ですが、日本は防衛面に関してはより独立した力を持つ必要があります。

単独での自主防衛というのは今や理想に過ぎませんが、自主防衛比率を高め、単独で防衛できる範囲を広げていく必要があるということです。

台湾問題については今更、ようやく、とも言えますが、日本は結局この50年間、中国に配慮して無視してきたわけです。ふざけた話です。

このようなものも結局のところ米国の外交政策に左右されてきたわけで、外交についてはもっと独立性と主体性を持たなければなりません。

対中政策や安全保障に関わる点では日本は米国と価値観を共有していることになっていますが、線引きは必要です。全て米国の決定に従う必要はありません。

そもそも日本はアジアの安全保障問題を徹底的に避けてきました。憲法や自衛隊の立場などからですが、それは言い訳にしか過ぎません。

かつて自衛隊の海外派遣について大論争となりましたが、日本は様々な形で国際貢献を行っていく必要があります。

これから日中関係の急速な悪化が懸念されますが、中国との経済関係を重要視するあまり、こうした中国の脅しに屈してはなりません。

それはそれ、これはこれです。政治的関係が冷え込んでも経済が冷え込むとは限りません。政冷経熱という言葉があるように・・・。

中国との関係においてわたしは韓国の態度を痛烈に批判しますが、日本があのように卑屈になるのは国民として許せません。

中国は香港やウイグルの問題を内政問題としていますが、問題があるという認識はあるようです。

人権問題は国内で解決できるものではないことが多く、ミャンマーとて同じです。ミャンマーも中国と同じように軍が民間人を殺害しますもんね。

そうした問題には国際社会が関与し、解決に導くべきであって、中国には適切に解決する能力がないと誰しもが思っています。真っ当な国なら。

同様に台湾問題も常に存在し続けていて、中国は解決することができていません。統一だなんて夢のまた夢です。

台湾に関しては歴史的に日本と米国にも責任があり、解決に協力しなければならないでしょう。

台湾の日本大使館にあたる交流協会に、日本の国旗が揚がったという報告が出ています。これは日本の中国と台湾に対する姿勢の変化の表れですね。


これまでは中国への配慮で掲揚することができなかったといいます。何とも間抜けな話です。

おっと、古屋圭司衆議院議員!!この建物、日本駐台代表の官邸だそうですよ!台湾メディアに突っ込まれてますよ!!


ともあれ、中国の過剰な反応にビビる必要もないし、堂々と日本の主張を示せば良いだけのことです。

お〆め

(し)また難しい話だね。管さんって結局アメリカに行ったんだね。

(ゆ)そうだよ。今回は米中対立に関して日本の立場を明確に示す会談になったね。

(し)アメリカ寄りってこと?

(ゆ)単純にはそうだけど、ベッタリは止めてほしいね。米国にはいつもぶん殴られてるから。特に貿易面で。

(し)そうなんだ。あの、TPPの時とか?

(ゆ)そうそう。メチャクチャだからね。なので単純に米国側に寄ったから万歳って喜ぶべきでもないんだよね。

(し)へーっ。でもなんか安心感があると思うけど、中国よりは。

(ゆ)それは中国との比較であって、米国に依存すればするほど米国からの要求は強くなりはねのけづらくなる。
表面的な関係は良いかもしれないけど、裏側で大きな苦労をすることになるし、対等な立場を維持しにくくなるんだよ。

(し)ふーん。でも、アメリカがいい国って言い切れないのは分かるよ。色々問題あるしね。

(ゆ)うん。それを中国よりマシと言えるかどうかも分からない。ただ、米国では堂々と批判ができて、公然と議論を交わすことができるから健全ではある。

(し)中国は批判したらいなくなっちゃうよね。

(ゆ)再教育だから。ウイグルみたいにね。自然と共産党を賞賛する脳に変わるまで教育を受け続けるよ。

(し)うわっ、それって洗脳じゃ・・・。

(ゆ)再教育だってば!言葉に気をつけないと!

(し)えーっ、一緒じゃん!!

(ゆ)まあそういうことなんだよ。話飛んだじゃん。

(し)どっちにも近寄りすぎたら大変だねって話。

(ゆ)そう。韓国なんかは特に極端だからね。極右の人たちは米国のおかげで赤化しなくてすんだ。米国様万歳って感じだから。

(し)あっ、そっちにも卑屈な人っているんだ。

(ゆ)そう。結局国家は自主独立すべきで、基本は二本の足で立つこと。その上で他国とどう距離を取るか、自分の足で動けばいい。
どちらかにもたれかかったりとかしていたら、結局はいいように扱われるんだよ。

(し)ふーん。じゃあ日本もしっかり立たないとってことだね。

(ゆ)そう。だから気に食わなければ米国にも毅然とした態度を示すべきだよ。

(し)ひえーっ、大変だね。

(ゆ)独立するっていうのはそういうことだよ。

そして・・・しらゆきさんの恐怖体験

(し)謎の球体が民家に100個くらい降って来たんだって。


(ゆ)えっ?これ最近の話?

(し)昨日のニュース。

(ゆ)何か前にも似たようなのあったような。

(し)そうなの?それで、不思議な現象で忘れられない出来事があるのを思い出したの。

(ゆ)ちょっと待って!これって結局なんなの?

(し)知らない。洗濯機に入れるジェルボールじゃない?

(ゆ)えっ?なんでそんなのが100個も降ってきたの。

(し)知らないよ。それよりわたしの話を聞いてよ。
2年ほど前のことなんだけどね。出張で始発の電車に乗るために駅に向ってたときのことなの。

(ゆ)へぇ。けっこう最近だね。

(し)早朝で夜が明けるくらいの時間。通りは人も歩いてなくて、車も走ってなかったと思う。
高い建物があってね、その壁の前に人が立ってたの。しかも上を向いてたんだよね。

上に何かあるのかなって見てみたんだけど何もないの。っていうか夜が明けてないから上に何があるかとか見えなかったし。

(ゆ)あぁ、そんなに暗かったんだ。いつ頃の季節?

(し)まだ寒い季節だったかな?それで、変な人、って思って通り過ぎたんだけど。驚くのはこのあとよ。
10歩ほど歩くと、同じビルの壁に向ってしかも同じように上を向いた人が立ってたの。不思議でしょ?
二人とも男の人で、ずっと上を向いたまま微動だにしないの。

(ゆ)えっ?なんか天体観測系じゃないの?それか鳥がいたとか。

(し)「何をしてるんですか」って聞ける雰囲気ではなかったよ。不思議を通り越して恐怖だった。
その二人のすぐ後ろを通ったんだけどね、私の存在には気づいていなかったみたいよ。

(ゆ)聞けば良かったのに。で、結局何だったの?

(し)宇宙との交信で間違いないと思う。

(ゆ)あの、ポケモンGoとかじゃないの?

(し)全然違うってば!!

(ゆ)じゃああれかな?何かベランダから荷物降ろしてたとか。

(し)そういうんじゃないんだよ。その二人は少し離れていたけど、同じ雰囲気をかもし出してた。
「宇宙と交信しています。話しかけないでください。」っていう雰囲気だよ。

(ゆ)多分誰も信じないよ。それ。