2020/09/16

韓国医師協会、感染拡大の中ストライキ強行!文在寅政権の医療政策に反発!


#0118 韓国医師協会、感染拡大の中ストライキ強行!文在寅政権の医療政策に反発!


今回の3行まとめ

  1. 韓国政府の4大医療政策
  2. 4大悪政策への医療業界の反発
  3. 大規模ゼネストへの発展

(し)韓国文在寅政権と与党の医療政策に反発した医師達の団体が次々とストライキを決行中!

(参考)MT 2020/08/23

26日から28日には大韓医師協会が主導する第2次医師ゼネストが予告され、新型コロナウイルス拡大期の強行に賛否の声が挙がっています。

彼らが反対しているのは次の4つ。


地域医師養成を始めとした医大定員年間400人、10年間で4,000人の増員。

卒業後10年間の地域勤務を前提とした公共医大設立。

漢方貼薬(複数の漢方薬を混ぜて作った煎じ薬)の健康保険適用。

遠隔医療推進。非対面診療の導入です。

政府は医師の増員で脆弱地域や救急医療などの不人気分野を拡充するとしています。

OECD平均を根拠としていますが、医師協会も同じくOECD平均を根拠に反論。

医師と患者が直面している過酷な医療インフラの改善を先に行うべきだと主張しています。

公共医大設立に関しても、公共医療が脆弱な理由は病院不足ではなく、専門家の理解不足と低い処遇が問題と反論しています。

漢方貼薬については、有効性や安全性の検査が不十分であるとして反発しています。

非対面診療は医療サービスの低下と情報漏洩の危険性。一部病院への偏った集中を起こすと懸念しています。

文在寅ケアの導入から反発を続ける政府と医療業界の対立が、ついに最高潮に達しています。

編集所感


今回の概要

  1. 迫り来る第二波とモラル崩壊
  2. 交渉決裂とストの段階的拡大
  3. 結局本質は左右対立?

(ゆ)まずこの問題は政策云々を無視した部分から考えてみようと思います。

政策への反対はともかくとして、今この新型コロナウイルス拡大期にゼネストとも言える規模のストライキを行う必要があるのかということ。

文在寅の政策に反発するしない以前に、韓国ではこの数日で第二波とも思える感染症の拡大状況にあります。

これまで毎日二桁に抑えてきた韓国社会からすれば、200や300という新規感染者数でも深刻な恐怖として捉えられています。

これをこの水準をピークとして抑え込むには医療業界の最大限の努力と協力が必須で、この時期でのストライキに対して批判の声が挙がっています。

政府と大韓医師協会の交渉は決裂し、8月21日にはインターンと4年目研修医が。

22日は3年目研修医が。23日には1年目と2年目の研修医が。

さらに24日からは専攻医が無期限ストライキに突入するとしていますが、これはコロナ診療のみは行うということで妥結。


最悪の事態だけは免れたようです。

医師協会は現在の状況を盾にして強行することで、政府への圧力を強めている状況です。

医師協会会長が極右性向を持った人物として有名で、単に反政府のために医師会を政治集団化しているという批判もあります。

もちろん内部にも人道主義を掲げてストライキに反対する集団もいるようですが、あまりにも不毛で不適切な時期に左右の対立が起きているということです。

わたし達が遠目に見ると、本当に何をマヌケなことを両者やっているのかというところですが、中の人たちは本気の闘争を繰り広げているというわけです。

ですのでこの点を茶化してしまうとそれはそれで終わりになってしまうわけでして・・・。

もしこの大型のストライキを決行するとなると、当然どこかしらに大人数が集まっての大集会となることでしょう。しかも医療従事者が。

医療の空白が起きて、一時的に検査数が激減し、それによって新規感染者数も激減するということになるでしょう。

防疫の力が激減することは明らかで、これは深刻な山火事の時に消防士がストライキを行うのと同じだという意見もあります。

わたしは茶化したり皮肉ったりするつもりはありませんが、文在寅大統領が光復節演説で話した、市民の力が朴槿恵政権を倒したという言葉を思い出しますね。

これは医療業界のろうそくデモであり、文在寅政権の誤った医療政策に対する撤回の主張は、医療政策へのメス、弾劾は言い過ぎか、不信任とも言えるでしょう。

韓国政府は業務開始命令を下して、それに背けば免許の停止や取り消しといった強攻策に出ようとしています。

しかし辞表も準備して命令に屈さずという姿勢も見せているようで、正に全面戦争へと発展しているようです。

わたしはこういう韓国一般市民の力はすごいなと思いますね。率直に。

ここまで捨て身の覚悟なら本物だと思います。韓国社会を、医療を犠牲にしてでも信念を貫き通そうというのですから。

一方で政府もいちいちこんなのに屈するという前例を作れば、極右医師会長の意に沿い続ける未来が見えてくるわけで、一歩も引けないでしょう。

わたしはこの対立。左右の対立が含まれる点はちょっとどうかと思いますが、こうした激しい衝突は韓国ならではと思いますね。

感染症に怯える一般庶民にとっては時季外れの不毛な戦いでしょうし、医療の停止で被害を被る方も出てくるかもしれないので気が気でないでしょう。

表面だけすくって批判するのも結構ですが、これが韓国人の気概だと考えると、やはり面白い国だと思いますね。

実際に強行されるのか、どちらかが折れるのか、とても楽しみです。

お互いの意地を見せて欲しいものです。

お〆め


(し)医者がストとか非常識にもほどがありません?

(ゆ)普通に考えれば笑えない状況ですよ。でもこうして様々な背景を武器にして相手を屈服させようというのがデモの戦い方です。

(し)外側の人たちにとっては迷惑しかないですけど・・・。

(ゆ)なのでそれを武器にして政府に決断を迫るわけです。
政府は国民を守る義務がある。医師も患者を守る義務がある。

医師はそれを捨ててでも業界の未来を守ろうとしている。政府は医療業界の未来と国民を守る義務のために折れるべきだ。というわけです。

(し)無茶苦茶じゃない?

(ゆ)革命には暴論も必要なんですよ。
ただ、遠目の一般市民が医師側に賛同するかどうかは別ですね。

(し)結局左右に分かれるだけですかね?

(ゆ)きれいに分かれるかどうかはわかりませんね。ちょっと感染症の問題もありますから。

(し)右の人の中でも賛同しない人がいるってこと?

(ゆ)どれくらいいるかはわかりませんけど、いくら何でもちょっとこれは行き過ぎでしょ?

(し)じゃあゆるりんはどっち?

(ゆ)更に激突を繰り返して韓国の感染症対策にほころびができて感染が拡大し、政府と医師協会の双方に批判が巻き起こるというLose-Loseの関係になると思います。

(し)Win-WinじゃなくてLose-Loseになるんだ。大変ですね。

(ゆ)無駄に国力を低下させて終わるんじゃないかな。
でも、ある程度の感染拡大は韓国にとって良い結果をもたらすと思いますけどね。日本と同様に。

(し)日本と一緒って?数字に敏感じゃなくなるってこと?

(ゆ)そう、それ。感染の拡大は心理的に恐ろしいですが、それに屈して経済を縮こまらせても意味がないことに気付く好機でしょうね。
韓国メディアは7月以降の日本の拡大を見て嘲笑していますが、韓国も同じ目に遭うわけです。
その時自分たちをどのように評価するか非常に楽しみです。

再び警戒レベルを上げるか、それとも通常運転である程度の感染拡大を受け入れるのか。
経済を止められないですよね。止めない方がいいですよね。

そこをどう判断するかも見ものですね。サムスンなんかは工場で感染者でても止めないらしいですけど。
あとはメディアがどう変わるかですけど。

(し)お医者さんの方は放って置いていいんですか?

(ゆ)いいんじゃない?取りあえずは結果待ち。ゼネストが決行されるかどうか。

(し)決行されたら大変ですね。どうなるのかな?

(ゆ)それが楽しみですね。多分医師会会長の真の狙いは医療制度ではなくて文在寅政権の失墜ですから。

(し)えっ?そっち?

(ゆ)そうだと思いますね。政策なんて批判しようと思えば批判できるし、受け入れようと思えば受け入れられる。
もちろん政策の不備はあるけど、色々な隙を突いて傷口を拡げて批判しているだけだと思います。

(し)えっ?それじゃあ周りの人は振り回されているだけってことですか?

(ゆ)そうかもしれないですね。あの会長が政治的な偏りがなければ真っ当な運動なんでしょうけどね。

(し)えーっ?もしかしたらがっかり系ですか?

(ゆ)どうなんだろう。他の医療従事者が本当に賛同しているならいいけど、わたしは曲解して伝わってるように思います。

(ゆ)でも何でもそういうものかな?韓国って。結局左右対立というか。

(し)何かよく分からないけど大変ですね。

(ゆ)とどのつまり不毛な戦いだらけってことですよ。

そして・・・


(し)ちょっと、夏服って試着だけ?

(ゆ)まだ試着だけ。完成してないんですよ。

(し)遅いですね。もう暦の上では秋ですよ?

(ゆ)やっぱり柄物は大変だっていうことが分かりました。

(し)そうなんだ。わたしもそうかなぁとは思いましたけど、大丈夫って言うから・・・。

(ゆ)そもそも服の描き方がよく分からないんだけどね。それが原因。

(し)わたしは面白いドラマ発掘が絶不調です。もう昔の観たりしています。

(ゆ)ええっ?頑張って開拓しなきゃ。30分で分かるんだったら評価を気にせず次々観ればいいのに。

(し)やっぱり評価が悪いドラマってそれなりなんですよ。

(ゆ)そりゃあそうだけど、評価が良いドラマでもダメなのがあるのと同様に、評価が悪くても気に入るのがあると思うけど。

(し)ないです。今のところほとんどないです。

(ゆ)そういうところ、無駄に頑なですよね。わたしは片っ端から観て評価していけばいいと思うけど。

(し)面倒じゃないですか。

(ゆ)そう言えば最近話題の韓国ドラマとかはどうなの?

(し)不時着以外はダメですね。全体的に長いんですよ、一話が90分とかで。それを16話とか無理。

(ゆ)なんだっけ?「梨泰院クラス」は?

(し)ダメでした。何か復讐劇はわたし無理でした。

(ゆ)わたしも。「サイコだけど大丈夫」は?

(し)うーん、何か展開が遅いんですよね。もう一回観てみようかな・・・。

(ゆ)えーっと、「トッケビ」は?

(し)ああ、ああいう昔の王朝とか出てくるのダメなんです。あんまり向いてないんですよ、韓国ドラマ。見た目だけですね。

で、何を観てるの?

(し)まだ見つからないです。美容師さんに教えてもらったZooも挫折しました。

(ゆ)しらゆきさんが難しい子ってことがよく分かりました。

(し)どうやらそうなんです。少しでもつまらなかったり役者が気に入らないとダメですね。

(ゆ)役者の拒絶感凄いよね。しらゆきさんのブラックリスト、恐ろしいよ。

(し)ここで言っていいですかね?

(ゆ)いや、やめといた方がいいと思う。ファンの反感買うだけだから。

(し)そうですね。止めておきます・・・。