2021/05/10

中国北京五輪ボイコット?人権団体が潘基文氏とAirbnbなどを名指し批判!

#0201 中国北京五輪ボイコット?人権団体が潘基文氏とAirbnbなどを名指し批判!



(ゆ)途上国の五輪では恒例の人権団体による開催抗議北京五輪に対しても沸き起こっているのは以前お伝えしたとおり。
しかしその批判リストの中には元国連事務総長潘基文氏の名前も挙がっています。
え?あの人ってウイグルや香港問題と関係あったっけ?

今回の3行まとめ!

  1. 人権団体が北京五輪ボイコット呼びかけ
  2. 批判リストにAirbnbや潘基文氏も
  3. 米国はどうする?
(し)中国で2022年2月に開催される冬季五輪ボイコットを求める人権団体が、Airbnb潘基文元国連事務総長を名指し批判しています。

(参考)SCMP 2021/03/22

このキャンペーンは「世界ウイグル会議」、「米国チベット委員会」、「中国民主党」など、180以上の団体が支援しているとされています。

これらの団体は中国が新疆ウイグルやチベット、香港で人権を侵害しており、平和な社会の促進と人間の尊厳を守るという五輪理念に違反していると主張しています。

こうした呼びかけに対してIOC会長のバッハ氏は、IOCは政治的問題を解決できる超政府ではないと話しました。

最近ではEU諸国やカナダ、米国の政治家が北京五輪に対して疑問を呈しています。

Airbnbは北京五輪のスポンサーであり、潘基文氏はIOCの倫理委員会の委員長を務めています。

世界ウイグル会議は両社に手紙を送付したがどちらからも返答はないそうです。

先月末、バイデン米国大統領北京冬季五輪参加について最終的な決定をしていないと発表しています。


米国五輪委員会はボイコットには反対していると表明しています。

しかし中国メディア環球時報の編集長がTwitterで「北京五輪ボイコットに従う国に対して中国は本気で制裁を加える」とコメントして波紋を呼んでいます。

編集所感

今回の概要!

  1. 五輪もうなくてよくない?
  2. 米国ボイコット、やっても失敗する
  3. 中国が隠して避け続けるウイグル問題
(ゆ)わたしは五輪ボイコットには特に賛成はしないですね。反対もしないけど。五輪自体なくなればいいのにと思っている一人。

適切に進化できなかった伝統が、今の時代にも遺物としてはびこっていると考えています。IOCのことね。

世界的なスポーツ大会という考えに反対するわけではなく、五輪理念の裏に隠された様々な規制が多くの人を苦しめていると思っています。

特に各国への設備負担などですね。どこまで口出しすればいいのかと思います。色々厳密すぎるし要求が多い。収入を得ているのはIOCなのに・・・。

スポーツの祭典と政治を切り離すべきだという考えも悪くはないですが、完全に切り離すのは難しいと思いますね。

また、どうしても切り離せない人や国家を批判するのもどうかと思います。

こうした考えというのが、スポーツ選手は政治について考えるべきでも関与すべきでもないという観念を植え付けているような気がしてなりません。

政治と完全に切り離されることで、どういう政治状況や国家間の関係であっても選手が参加できるというのは一つの利点ではあります。

ただ、それって人として不完全じゃないですか?じゃあ北朝鮮で開催されるとなって、政治と関係ないから当然行くとなるかどうか・・・。

極端な例かもしれませんが、ただこれでもIOCはボイコットすべきではないと言うでしょう。いくら核ミサイル実験をしたとしてもね。

米国が注目されるのは、莫大な放映権料を支払って五輪を支えているからであり、今回は中国をそれによって支えるかという点においてです。

米国では反中感情が広がり、特にウイグルの人権問題は一つの大きな問題として注目されています。

中国が米国の黒人差別問題を指摘したからといって揺らぐようなものではありません。なぜならウイグルは中国政府が関与しているからです。

とはいっても米国バイデン大統領の態度は所詮ポーズにしかすぎないと見ています。簡単に中国を安心させたくないだけ。

最終的にボイコットを決定しても別によくやったとは思わないかな。効果はあまりないでしょう。根本的な対中政策ではないし。

そしてやっても失敗すると思います。米国が逆に孤立しかねない。そして中国が米国抜きでやり遂げたというアピールの場になる。国際協調とか言ってね。

やるのであれば本当に多くの国との結束が必要で、その時間はないでしょう。欧州諸国の多くが賛同すれば別ですが。

そして今の流れでは日本もボイコットには参加しないでしょう。東京五輪だけ参加を呼びかけて北京には参加しないという決断は難しすぎる・・・。

なにせウイグル問題は情報がなさ過ぎる。何度も言いますがこれは中国が追求を避けるために情報を統制し隠蔽しているからです。

情報がなければ起きていないことになる。少なければ戯れ言ということになる。そうやって回避し続けているのです。もう何十年間も。

残り一年弱で世界が懸念を示す決定的な証拠を提示できれば誰も参加しなくなるでしょうが、それが極めて困難な状況です。

(参考)NHK 2021/03/23

もうこの問題は何年も追求していますけどね。これといったものが出てこない。チベットも然り。そもそも外国人が自由に取材できない。

北朝鮮のツアーのように、海外要人を招く際は綺麗に偽装されている。こんな中で真相を暴くのは極めて困難です。

誰も現時点で「必ず」とか「絶対に」とかそれに近い表現もできない状況で無謀な行動を起こすのは難しいと思います。

そこが中国の嫌らしいところであり、信用のおけないところです。これをどの国も忘れるべきではありません。

恥部を恥部として見せる勇気がなく、臆病で脆い大国です。

国内外に対して嘘をつき続け、情報を隠蔽し続け、100回繰り返せば、100年続けば真実になると信じているのです。

ウイグルやチベットの問題は間違いなく存在しています。忘れてはなりません。

我々は興味を失わず追求を続けるべきです。

ただ、十分で無い情報に飛びつき、真実のように語ってはなりません。間違いを犯せば逆に中国が優位になるだけです。

お〆め

(し)冬のオリンピックって来年の2月なんだね。

(ゆ)そう、東京が行われればその半年後にすぐということになるね。

(し)代表とか決まってるの?何にも聞かないけど・・・。

(ゆ)全く興味がないからじゃない?日本全体が。競技者だけだよ、身近に感じてるの。

(し)だって東京だってまだ本当にやるの?って感じだけどね。やるのかな?

(ゆ)やるよ。今更中止というのはないと思うね。だって多くの国際的な大会が中止もせずに世界中で行われているから。

(し)ふーん。でも結局海外から人は来ないんだね。ちょっと安心した。

(ゆ)損失が1兆6000億円になるとか言われているけどね。

(し)スポンサーとか大変だね。なんの広告効果もないのに・・・。

(ゆ)五輪自体が肥大化したからおかしな事になってるんだよ。

(し)中止してそのお金を医療関係とかに回せないのかなぁ。

(ゆ)止めるのにもお金かかるからね。なので仮に赤字だとしても収益が今から少しでも上がる以上やった方がいいという判断になったんでしょ。

(し)そっかー。止めるのにもお金かかるのか。難しいね。

(ゆ)世界中が家で観てくれるのを期待するしかないって状態だね。

(し)選手とかも街を歩き回ったりしないよね?

(ゆ)多分かなり制限されるだろうね。なので大幅にリスクが高まるといったこともないと思うよ。

(し)そっか。ほら、通勤の時に人がいっぱいになったらどうしようとかあったからさ。

(ゆ)大丈夫なんじゃない?きっと。観に行く人も少ないだろうし。

(し)でも結局大損だね。誰も責任取れないよね・・・。

(ゆ)うん、文句を言っても仕方がない。貧乏くじを引いたとしかいいようがないね。

(し)で、ウイグルはどうしようもないの?

(ゆ)信頼できる情報が少ないからね。支援団体も都合のいい情報を大きく話している可能性もあるから鵜呑みにもできない部分がある。
第三者的な立場でものを見ている人がいないからどうにも難しいんだ。

(し)なんか間違って情報が漏れて大変なことになればいいのにね。

(ゆ)うん。それが中国にとって大打撃になればいいんだけどね。
わたしたちにできるのは、関心を持ち続けることだよ。

(し)はーい!

そして・・・・・しらゆきさんとお花の世界

(し)この前、上野公園や目黒川にお花見する人がたくさん来てたね。ニュースでやってたよ。本当に桜を見に来ているのか疑問だよね?

(ゆ)うーん。ちょっと見ているのか居座っているのかとは別に、咲いてるだろうからって見に行ったんじゃないの?

(し)わたしの会社も毎年桜の時期にお花見やってたけど、ただの宴会だよね。あんまり好きじゃないからここ数年は行ってなかった。

(ゆ)そもそもそういう会社の集まりが苦手ってだけでしょ。

(し)そう。だっていつも休みの日にやるし、家でゆっくりしてたいもん。

(ゆ)わたしは会社の行ってたよ。真っ昼間から近所の公園でやってた。

(し)でもわたし、お花は好きなんだよ。フラワーアレンジメント教室に1年ほど通って、そのあと池坊生け花教室にも数年通ってたんだよ。

(ゆ)そういう意味ではわたしは全然興味ないや。何か道ばたで花を見つけて「あっ、こんなところにこれが咲いてる」ってやってる人がちょっと羨ましい。

(し)誰それ?

(ゆ)長老。中国に詳しい。

(し)あ、あの人そんな趣味あるんだ。

(ゆ)花の写真とか撮りまくったりしてたよ。

(し)へぇ、意外・・・。

それで、セレブで上品な先生のお屋敷に生け花を習いに行ってたよ。
毎回4人くらいの生徒さんがいるの。みんなセレブっぽくて、笑うときも手を口にあてて「おほほほ」って感じだったんですのよ。

(ゆ)えーっ?お花ってやっぱりそういう世界なの?

(し)生け花教室に行くときはわたしもおめかしして行ってたけど、突然疲れちゃったんだよね。

(ゆ)しらゆきさんって突然飽きるよね、恐いくらい。

(し)だって、なんかお免状をお取りなさいって言われ始めて・・・。それがちょっとストレスになってきたんだよね。
それに剣山に方向を気にしながら花を生けるのがめんどうになっちゃって。普通に花瓶に挿せばいいじゃん!って。

(ゆ)えっ、何年も習ってて突然そんなことを?ああいう世界って先生も色々偉い弟子を増やさないととかあるんだよ・・・。

(し)花を見るのは好きだけどね。育てたり生けたりするのはあんまり好きじゃなかった!4年ほどやってみて気付いたんだー!

(ゆ)庭いじりはあれでしょ?虫嫌いだし、汚れるのがイヤなんでしょ?

(し)バジルとか育ててたんだけどね。突然イヤになった。

(ゆ)それも突然なんだ!!

(し)バジルならスーパーで買えばいいじゃん!でもなんでもやってみて気付くんだよ。経験値は上がってるよね。

(ゆ)じゃあなんでバジル始めたの?

(し)スーパーで買うより安いなって思って。確かに安かったけど、最終的にはバジルに飽きたし面倒になった。
増えすぎてストレスになったんだ。食べなきゃいけないって。

(ゆ)ああ、そう。色々あったんだね・・・。