2021/06/15

中国製不良マスク、いまだに大量に発見!感染拡大抑止を阻む一因かも・・・

#0237 中国製不良マスク、いまだに大量に発見!感染拡大抑止を阻む一因かも・・・


(ゆ)イタリアではいまだに毎週のように中国製不良マスクが発見され、社会問題となっています。
昨年一年間で中国から輸入したマスクの大半が不良であることが判りました。
不良マスク掃討作戦は現在も行われていますが、根絶は難しそうです。

今回の3行まとめ!

  1. イタリアで大量発見、中国製不良マスク
  2. 中国からの輸入量の半分は不良品
  3. いまだに見つかる不良品
(し)イタリアではいまだに大量の中国製不良マスクが発見され、金融警察検察当局は捜査活動を継続しています。

4月にはゴリツィアの金融警察当局が調査結果を発表しましたが、これに掲載された数字は極めて衝撃的なものでした。


イタリアの保健当局が2020年に独自に輸入した中国産マスクのうち、12の製品が品質基準を満たしていなかったことが判明

枚数にして2億5,000万枚にものぼるそうです。

イタリアが2020年に海外から輸入したマスクは5億3100万枚ですが、大半が中国製であり、その半数近くが不良品であったというわけです。

これらのマスクにはEUの評価基準であるFFP2FFP3マークが刻印されていました。

FFP2は粒子遮断効果が95%以上、FFP3は99%以上と定められていますが、中国製マスクはわずか36%。遮断能力が10分の1に満たないものもあったそうです。

また、適合証明書自体が偽造されたものも見つかっているようです。

3月に金融警察当局は6,000万枚を押収しましたが、残りの1億9,000万枚は回収が不可能だという事で、該当製品は直ちに破棄するよう呼びかけています。


イタリアでは各地で不良マスク掃討作戦が行われていて、5月3日にはモデナで15万7,000枚、15日にはオルビアで6万5,000枚が押収されました。


そのほかにも各地で中国製不良マスクが大量に押収される事件が続いていて、不良マスク根絶の道のりは険しそうです。


編集所感

今回の概要!

  1. 去年のニュースじゃありません!
  2. こんなものは氷山の一角
  3. 拭えない中国製への不信感
(ゆ)まず、これは昨年の話ではなくて今年の話。なんか時期を疑うようなニュースですよね。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の先駆けとなったイタリアですが、当時中国から大量に医療用マスクを購入しました。

中国製マスクの不良品騒ぎはヨーロッパを中心に世界中で大問題として報じられ、中国の信頼を失墜させました。

その大半が民間企業から購入したものでしたが、イタリアの保健当局が購入したものも大半が不良品というのは衝撃的です。

イタリアは当初医療崩壊が起きてしまい、医療従事者も命を落としました。その一因がこのマスクだとしたらあまりにも悲劇的な出来事です。

中国製を信用するなと言ってもいまだにマスクの大半は中国で安価に製造されていて、競争力もあります。

しかしながら基準に準拠していなければゴミどころかむしろ迷惑、いや、そもそも違法であって、命を預かる現場では凶器とも言えます。

中国のマスク外交が批判された時に、中国政府は改善するとして規制を強化しました。

その効果はすぐに現れたように見えましたが、実際はそうでもなかったということですね。

少なくとも適合認証証明書が添付されるようになったようですが、それ自体が偽造されていたり、やはり民間取引だとそれがなかったりするようです。

なんかEUの認証自体は自己申告できてしまうそうなんですよね。これがヨーロッパに不良マスクが流れてくる原因かもしれません。


まともな製品を作らない中国の製造業者は論外ですが、これを扱う輸入業者にも責任はあるでしょう。騙されただけじゃすまされない。

イタリアではこうして捜査機関が捜査を行っていますが、日本を含め、他の国ではどうなのでしょうか。医療用はちゃんとやってるのかな?

そもそも医療用は中国から輸入していないか、日本の信頼できるメーカーの中国工場から供給を受けているのでしょうか。

かなり不安になってきました・・・。やっぱりブランドものでないものは恐いですね・・・。医療用でなくても・・・。

一時期マスクバブルに沸いた中国でしたが、バブルが過ぎると低品質しか製造できないマスクメーカーが機械を売り出したことが話題になりました。

まあ、単に口を覆うだけの品質の製品を作るメーカーが大量に増えて大量に減っただけなのでしょうけどね。

先日も酸素濃縮器の仕様に関する問題をお伝えしましたが、こちらでも家庭用を医療用と偽ったり、偽造証明書を作ったりしていたようでした。

とにかく中国から直接ものを買い付ける場合には何らかの裏付けや、信頼できる企業などのお墨付きが必要です。

単純な部品、例えばUSBコネクタの変換ですら安かろう悪かろうです。あんなのどうやって不良品作るんだ?素人なの??

ものによっては品質検査なんて全くしてないようですから、形だけが似通った偽物が大量に作られるわけです。

マスクなんてものはその最たるものでしょうね。見た目だけならそっくりそのものを作る事ができます。

また、悪い人はいるもので、製造工程に問題があるわけではなくて、素材からして粗悪品を使う場合もあり、これまた見た目だけの製品が出来上がります。

こういう取引にありがちなのが、サンプルだけはしっかりしていて、実際に大量購入すると大量の不良品が紛れ込むケース。

抜き取りチェックを何度かすると不良品が発覚して、調べてみるとほとんどまたは全部が不良だったりするのでしょうね。

まあ、いまだに中国に対する不信や悪いイメージはあるかと思いますが、これでも改善している方だと思います。

改善しててこれか?というご意見もたくさんあるでしょうが、まだまだ目先の利益を追求するお金に汚い人が多いのも事実です。

それはそれでどこにでもいるし、人数が多い分数が多く見えることもありますが、医療とか健康とか、命に関わるところではやめてもらいたい。

メイドインチャイナに対する根強い不信感と偏見は、こうしたことを全く自覚しない人々がいまだに維持し続けているのだと思います。

悪い意味で、中国の変わらない部分、なんでしょうね。

お〆め

(し)うわっ、いまだに不良品マスクってあるんだね。

(ゆ)うん、わたしも本当に驚いたよ。とりあえずニュースが2020年じゃないかどうか確認した。

(し)去年は色々あったよね。ゴミマスク騒動とかぼったくりとか。

(ゆ)ぼったくりだけじゃなくて単なる価格高騰もあったけどね。今はもう落ち着いたね。

(し)ねえねえ、これって日本は大丈夫なの?ほら、医療用じゃなくて普通に売ってる使い捨ての。

(ゆ)さあ、どうなんだろうね。今はノーブランドの中国製品は避けた方がいいと思うけど。ほら、変異型も流行ってるし。

(し)そうなんだ。あの、たまに変なの売ってるよね。怪しいパッケージの。

(ゆ)いわゆる量販店とかでしょ?ドンキホーテみたいな。

(し)そうそう。そういうところとか、見るからに箱が怪しい感じの。

(ゆ)あれって安いの?

(し)わたし、今は出勤がほとんどないから、使い捨てのは使ってないんだよね。

(ゆ)あ、そうなんだ。わたしも八百屋行くくらいだからね。お散歩の時も一応着けてるけど。

(し)だからまだ家に余ってるんだよ。あ、多分怪しいのもあるけど。

(ゆ)問題は個人だと品質が確認できないことだよね。まあ、日本のきちんとしたメーカーだと何か表記あるけどね。花粉とかのだけど。

(し)最初からきちんとしたメーカーのを買えばいいってことだね!

(ゆ)でも怪しいのあるんでしょ?

(し)ほら、一時期なかなか買えなかった時に買ったものだから。でも多分大丈夫なんじゃないかな?

(ゆ)うん、でも気をつけてね。しらゆきさんコロナになったら大変だから・・・。

(し)はーい。出掛ける時はちゃんとしたのしていくよ。ふめんふ? ふおりぬの?

(ゆ)ふしょくふ!

ところで周りに感染した人っている?家族とか大丈夫?わたしの周りはいないけど。

(し)いないよ。あ、ちょっと前に一人だけ会社の人が感染したけど影響はなかったね。

(ゆ)そんなもんなんだ。やっぱり一人一人がきちんとするしかないよね。

(し)はーい。きちんとしまーす!

あつまれ!しらゆき姫のてんこ盛り

第66話 しらゆきさんの受け継がない伝統

(し)会社でね、退職する人の仕事を引き継ぐことってあるよね。

(ゆ)あるね。企業間でもあるよね。前任の会社から事業を引き継いだりとか。

(し)そうそう。それでわたしもたまにあるんだ。結婚退職とかする人の引継ぎ!!

(ゆ)結婚退職なんていまだにあるの?結婚を機に辞めるだけだよね?

(し)あ、今回は転職した人から引き継いだだけなんだけどね。

(ゆ)やっぱり。そんなもんでしょ?

(し)ほら、わたしって要領よくお仕事こなすから「しらゆきさんに引き継いで」ってなっちゃうのよね。

(ゆ)それって単なる便利屋さんじゃないの?

(し)愛想がいいから頼みやすいのかしら。だけど仕事増えても残業なしで終わらせるもん。

(ゆ)見かけによらず仕事はできるらしいね。わたしはまだ疑ってるけど・・・。

(し)見かけによらずって。見かけによるんだよぅ!できる女って感じ?

それでね、たまに面倒な引継ぎがあるの。

毎週定期的に、このデータを更新してとか、毎月この集計表を作っておいてとか。

(ゆ)あー、それは面倒くさそうだね。手作業でしょ?

(し)そう。それで中には「これって今どき必要?」ってものがいくつもあるんだよね。誰も見てないし使っていそうにないもの。

(ゆ)えっ?全く意味がない作業ってこと?

(し)それで聞いてみると、「うーん。わたしも前の担当者から引き継いだからわかんない」って言われるの。

これっていわゆる会社の伝統ってやつじゃない?

(ゆ)その伝統って皮肉的な意味が込められてるよね?

(し)うん、そうだよ。それで、伝統はとりあえず受け継いでおいて、そのあとやめてみるの。

(ゆ)誰かから何か言われないかのテストってこと?

(し)そう。それで1年くらいするとね、そんなものあった?って感じで消えていくよ。
わたしが引き継いでから自然消滅した集計データがたくさんあるの。これ秘密ね。

(ゆ)無駄な伝統を終わらせてるんだ・・・。会社の伝統というか、単なるしがらみだったってことね。

(し)そうそうそれね!効率よくお仕事ができるように会社を裏で支えているのはわたしなのかもしれないね。

(ゆ)しらゆきさん、10年後には会社を牛耳っている恐ろしい社員になるんじゃないの?

(し)そんなに会社に貢献したくはないかな。あ、もしかしてあれかな。わたしって起業したほうがいいかな。

しらゆきクリーニング店。不要なお仕事消去します!